ブログTOP / GARAGE-R厚木店 / シルビア&180SX その2

シルビア&180SX その2

どうもおはこんばんにちは!(^^)v

台風が近づいて来ている為朝から雨が凄いガレージアール厚木店です(-_-;)

皆様も不要不急の外出や、お家の外に置いてある物が飛んで行ったりしないよう

対策をしっかり立てて下さいね!(^^)v

さてさて今回は前回に続きシルビアや180SXをご検討のお客様より、恐らく

一番多くご質問を頂いている事についてのお話その2です(*^^)v

今回は実は消耗品なのですが、何故か交換しない方の多い定番の不具合発生個所その2

イグニションコイルです!今の時代だとイグニションコイルというみたいですが、少し昔だと

ダイレクトイグニションとか言っていた気がします(;^ω^)

DSCN6914.JPG

このパーツは基本的には日産のRB、VG、VQ、SR20のターボエンジンに採用されており、

スパークプラグの上に装着されております。またSR20NAの場合はこちらの部品は

使用していない為、今回はターボエンジンメインのお話になります(;^ω^)

こちらのパーツは、簡単に説明すると内部で高電圧を発生させ、スパークプラグに火花を

飛ばさせる為の重要な部品になります(^^)

DSCN6913.JPG

この部品が壊れると、エンジンチェックランプが点灯し、アイドリングが不安定になり、

エンジンが掛かりにくくなったり、エンジンがバラついたり、加速してもエンジンが吹け

無かったりというエンジンの不調が起こります、この部品は基本的に消耗品で、最近の車は

10万km毎の交換となっていますが、シルビアやスカイライン、フェアレディZのような

古い車両でいつ交換したか不明な車両や、スポーツカーなので高負荷にて使用された可能性が

高いチューニングカーであれば、スパークプラグと共に4年又は4万km程で新品に交換された方が

良いかと思います。

また次回もシルビア・180SX系の昔からある定番トラブルをご紹介いたします!(^^)v



当店では、主にスカイラインやフェアレディZ

シルビア、180SX等多数の日産車のスポーツカーを

販売させて頂いておりますので、気になった方

色々お車のご購入に際してのご相談等々、是非お気軽に

お問合せください!!(^_^)v

またYouTubeチャンネル、TikTokもございますので、

宜しければチャンネル登録もお願い致します!


ガレージアール厚木店LINE:@448qoqac

ガレージアール厚木店Email:atsugi@garage-r.co.jp